お店から歩って5分もしないところに被災地からわんちゃんや猫ちゃんを助けてあげているボランティアの方達がいらっしゃいます。

先月のこと・・・・「連れてきたばかりのまだ名前も付いていないわんこが逃げてしまって探しています、チラシを貼らせて下さい。」と写真入のチラシを持っていらっしゃいました。

写真をみると小さくて痩せていて、顔はちょうどうちのハレの小さい時に似ているではありませんか!
これは他人事ではない!!
なんとか見つけてあげなくては!!
それから散歩の時はその犬を探しながら・・・もし私たちが見つけたらそのまま飼いたくなっちゃうねと言いながら・・・・


私達は見つけてあげれなかったのですが、優しい町の人たちの協力でそのわんこはボランティアの方の元に戻ってきました

その後、わんこを見に行ったらば、『くまちゃん』と呼ばれてボランティアのたくみさんべったりになっていました
耳が何処かで動物と遭遇して食いちぎられたのかちょっと痛々しい感じでしたが、やせ細ったからだで精一杯生きてました!!
まだ数ヶ月くらいにしか見えないくまちゃんでしたがどうやらもう1~2歳らしく被災地で一人で頑張って生きていたんでしょう・・・

そのくまちゃんに新しい飼い主さんが決まりました。
私達にお別れを言うために
わざわざボランティアのたくみさんがくまちゃんを連れて来て下さいました。

画像 228

画像 227

たくみさんは今日くまちゃんを岩手の新しい飼い主さんのところまで連れていかれると言ってました。とてもさみしいけど、くまちゃんにとっては幸せなことです。

いままで一人で頑張ってきた分、いっぱい幸せになってほしいです。

さよなら、くまちゃん、幸せになるんだよ・・・・